金本 純一

70周年グループ担当常任理事
金本 純一

創業60年の土木工事業を経営

Q1.普段のお仕事について教えてください。(本業はどのようなお仕事か)

建設業です。宮崎市田野町で、創業60年の土木工事業を経営しています。
業務の内容としては、皆様が車で走る道路を作ったりする公共インフラの整備や、近年では、持続可能な社会を目指す再生可能エネルギー事業にも注力しています。会社は先代から2020年に経営を引き継ぎ、試行錯誤をしながら頑張っています。宮崎青年会議所にいるお陰もあり、色々な経営者や情報に触れる機会があり、沢山の刺激をいただいています。
建設業は、転換の時期に差し掛かっており、ICTや工事の効率化や働き方改革の実施等、従来の建設業から沢山の課題があります。これからは、従来の建設業の在り方に囚われず、全国で活躍できる新しい形の建設業を築いていきたいと思います。

当初はサッカーをしようと誘われただけ

Q2.宮崎青年会議所に入会されたきっかけは何ですか。(入会動機)

高校からの友人が青年会議所に所属していたのですが、一度サッカーをしに来ないかとサッカー同好会に誘われたのがきっかけです。当初はサッカーをしようと誘われただけで、青年会議所の事はあんまり聞かされず、なかば詐欺に近い形での勧誘でした。(笑)
いざ、サッカーに参加し多くのメンバーと触れ合うと、自分が思い描いていたような団体ではなく、とてもフレンドリーで楽しかったのをきっかけに入会を決意させていただきました。自分なんかが街づくりなんてできないだろうって思っていましたが、いろんなきっかけが青年会議所の中にあり、今思えば本当に入会して良かったと思います。誘ってくれた友人とは今でも青年会議所内で共に役職を受けたりして、一緒に活動をしています。

宮崎の良さを発信する役割

Q3.入会後参加された青年会議所の事業・運動・活動で1番印象に残っているものを教えてください。

全国大会宮崎大会の開催時の渉外担当委員長です。
全国から多くのメンバーを宮崎にお招きする為に、全国を飛び回り宣伝をして回たり、来県される県外メンバーの方に、宮崎の良さを発信する役割をさせて頂きました。おかげで多くの友人が全国各地にできました。
とてもいい経験をさせていただきました。

新型コロナウイルスの影響により中止になった成人式を

Q4.2021年度は役員としてどのような内容を担当されますか。(グループの担い等)

今年は宮崎青年会議所創立70周年を迎えます。先輩方が紡ぎ来られてきた歴史を70周年の節目として、さらに伝承するとともに、時代の流れに即した新しい青年会議所の形を気づいて行くため式典や、記念事業を行うグループの責任者として70周年グループ担当常任理事兼70周年事業実行委員長をさせていただきます。
記念事業は、昨今の新型コロナウイルスの影響により中止になった成人式を、我々青年会議所にしかできない手法で、未来の若者にむけた成人式と、疲弊する中心市街地を若者の力で活性化させるイベントを開催させて頂きます。
是非ご期待ください!

今しかできない

Q5.最後にメッセージをお願いいたします。

今しかできない、多くの出会いや経験を大切にしていきたいです。

Profile

金本 純一(かねもと じゅんいち)

入会年:2013年
生年月:1985年7月生まれ
勤務先:株式会社 金本組