宮崎青年会議所は、20歳から40歳までの「若者」が集い、
「修練」「奉仕」「友情」の3信条のもと、「明るい豊かな社会の実現」を目指して
「まちづくり」「ひとづくり」をしている団体です。

明るい豊かな社会の実現

日本全国に青年会議所があり、「修練」「奉仕」「友情」の三つの信条のもと、
より良い社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に
積極的に取り組んでいます。
さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして
各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

青年会議所とは?

青年会議所において様々な実践経験を積むことによる活動分野は幅広く、OBも含め各界で 社会に貢献しています。様々なジャンルにおいての企業はもちろん、国会議員や知事、市長、地方議員などの人材も輩出しており、
日本のリーダーとして活躍しています。

2022年度スローガン
理事長挨拶
JC宣言

2022年度スローガン

壱ーONEー新時代を描く 新たなる一歩

2022年度は、70周年を迎えた宮崎青年会議所の新たなる1年になります。2021年度ではNEXT5も制定され、実施へと動く大事な年となります。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大は未だ衰えることなく社会に猛威を奮っている現状です。スローガンに掲げる「壱」は、新たな一歩という意味の他に、この難しい現状に宮崎青年会議所のメンバーが一致団結するONEチームと言う意味も込められています。
ワクチン接種が進む期待感はありますが、昔の当たり前には戻ることは無いと考えニューノーマルを私たち青年経済人が作りあげなければなりません。その第一歩を印象つける意味を込めて本年度スローガンとさせて頂きます。

理事長挨拶

一般社団法人宮崎青年会議所第71代理事長の植松剛史と申します。
宮崎青年会議所は、昨年70周年を迎え、新たなステージへと歩を進め、明るい豊かな社会を目指し活動をしております。2022年度は、スローガンを「ONE-新時代を描く、新たなる一歩-」を掲げさせていただきました。昨今の新型コロナウィルスの感染拡大により活動が制限され宮崎にも暗い影を落としておりますが、ワクチン接種が進み、少しではありますが街にも明るい兆しが見えております。その中で宮崎青年会議所が、ONE TEAMとなり、時代に即したニューノーマルを率先して築いていき、宮崎の活性化に向けて事業を展開していく所存であります。2022年度、どうぞよろしくお願い申し上げます。

一般社団法人宮崎青年会議所
第71代理事長 植松 剛史

JC宣言

日本の青年会議所は
希望をもたらす変革の起点として
輝く個性が調和する未来を描き
社会の課題を解決することで
持続可能な地域を創ることを誓う

PROJECTこれまでの活動

宮崎青年会議所のこれまでの事業をご紹介します。

TOP